HOME > TOPICS > ガラス・建装時報に「満足度100パーセント目標 「発見」「気付き」の場に」が掲載されました

TOPICS| NEWS

2021/09/05
ガラス・建装時報に「満足度100パーセント目標 「発見」「気付き」の場に」が掲載されました

2021年9月5日発行のガラス・建装時報に弊社記事「マテックスフェアー2021 満足度100パーセント目標 「発見」「気付き」の場に」が掲載されました。以下内容の抜粋です。
マテックスは10月2日、東京都文京区の東京ドームシティ・プリズムホールで「マテックスフェアー2021」を開催する。今年で45回目。展示会を「発見」「気付き」の場とするため、出展企業と地域企業(販売店、ビルダー)とのアテンドにこだわり、両者の満足度100パーセントを目標に掲げ、ビジネスにつなげるフェアーを目指す。当日は来場制限し、検温、消毒、N95マスクの配布、手袋着用に加え、入館前に入場者全員の抗原検査を実施。新型コロナウイルスの感染防止対策を徹底する。来場は4部制で、オープニングセレモニーでは、松本社長が新建新聞社、リフォーム産業新聞社、ダンドリワークと対談。仮想展示場「マテックスホール」は、昨年のように会場からのライブ配信はないものの、出展社による商品説明などを閲覧できる。(以下省略)