SDGsへの取り組み

マテックスの事業はSDGs17の目標につながっています。
活動内容を紹介します。

脱炭素社会実現に向けた
マテックスの手段

エコ窓リフォームの普及活動と補助金制度の設計支援

  • エコ窓普及促進会/制度設計の提案

    エコリフォーム補助金制度の構築を提案するセミナーを地方自治体の環境政策課、住宅課を対象に開催しています。千葉県柏市の「柏市エコハウス促進総合補助金制度」の導入を皮切りに板橋区、新宿区、豊島区、武蔵野市、府中市、川崎市、多摩市の制度づくりの支援をしてきました。過去、17自治体にご参加いただいています。

  • エコ窓普及促進会/生活者コンタクト

    2009年に発足した地球温暖化対策地域協議会「エコ窓普及促進会」は、「窓」のエネルギーロス対策について広く知らせると同時に生活者の環境リテラシー向上を目的としています。生活者に「日常生活の”CO2削減“や”健康維持“には窓の断熱が重要なんです!」ということを知っていただくために地方自治体の環境系イベントへ参画し、窓の断熱改修の普及促進活動を行っています。出展累計は150イベントです。

  • よこはま省エネ住宅アカデミー

    2015年より、横浜市公民連携事業「テーマ型共創フロント」に採択されマンションにお住まいの生活者の方々を対象に省エネルギー住宅アカデミーを開催し、エコリフォームの効果と管理組合の合意形成からエコ窓導入までの支援をしています。住まい手による、住まい手のためのマンション窓断熱改修講座に拘っている点が評価され、これまでに累計18講座、286名のご参加をいただいています。

  • 健康省エネのライフスタイル提案

    機能の優位性を訴求するばかりでなく、生活者の新しいライフスタイル提案を基軸とした窓辺のプチリノベーション「madolino」を展開。感性価値の提案からはじまり、後に健康省エネの啓蒙に努めることで関心をもって頂ける生活者層が拡がりつつあります。

社会志向型地域事業者の養成

  • 地域事業者支援/元請転換

    エコ商品の取扱量に重点を置くことなく、家庭における「エコソリューションとしての窓」を的確に提案提供できるパートナーを輩出することに価値を置き、下請業から生活者向けの元請サービス業へシフトするための高難度の支援活動です。
    12年の期間を経て累計セミナー実施回数は445回、累計参加人数は4,280人に及び、当初7店に止まっていたエコ窓リフォーム店を、今日では300店強規模にまで拡げています。

  • 地域事業者支援/真の健康省エネ住宅

    2016年からは、真の健康省エネ住宅を社会に広めるために新築を手がける地域工務店まで範囲を広げ、低炭素社会づくりに不可欠な高性能住宅のつくり方のノウハウを現場見学会やセミナーを通じて提供しています(2016年2月から今日までに106社参加)

持続可能社会の実現に
向けた人づくり

次代を担う若者の育成と社内大学の創設

  • 「環境課題解決と仕事のモチベーション」セミナー

    学生に対しては「環境課題解決と仕事のモチベーション」を題材としたセミナーやワークショップを提供しており、キャリア設計の支援を越えた環境リテラシー養成と社会志向型人材の育成に取り組んでいます。 (連携校:和光大学、立教大学、東洋大学、日本大学、大正大学、嘉悦大学、法政大学、文京学院大学、東京家政学院大学)

  • インターンシップによる環境リテラシー教育

    インターン生の受け入れ人数も年々増加の一途をたどり累計で306名となりました。今日では大学の教授やキャリアセンターからも弊社のインターンシッププログラムに関心が寄せられ、教え子の参加を促されるケースが多く出てきています。またインターン経験者が、後に正社員として入社を希望するケースも5年連続で起きており、環境問題の解決に取り組む意欲のある学生の挑戦を応援する機会と場づくりが実現つつあると確信しています。

  • 社内大学の創設と新しい終身雇用の実現

    新しい終身雇用を実現すべく“マテックスカレッジ”を創設し、ビジネスパーソンとしての知識やスキル習得はもちろん、一人ひとりが人間としての幅をひろげるため、魅力的な大人になるためのプログラムを用意しています。

持続可能社会の実現に向けた
まちづくり人づくり

ステキなまちづくり、ロングライフへのシフト

  • 域社会貢献団体の支援/としま情熱基金

    より良い地域社会づくりに必要な活動を支援するために、としまNPO推進協議会と区内の事業者が中心となって設立した基金(委員長:マテックス株式会社 松本浩志)です。年に一度、基金助成を目的とした事業提案を区内の NPO より募集し、書類審査、最終審査会によるプレゼンテーションを経て採択された事業に支援金を授与致します。一時金による支援に留まることなく、循環型の活動に発展していくことを目指し取り組んでおります。

  • 住まい・ウェルネス・環境の取り組み/一般社団法人ロングライフ・ラボ

    (一社)ロングライフ・ラボは、人、コミュニティー、地球環境が、健全な状態を維持していくための情報提供などを行うことにより、持続可能な社会形成を図ることを目的として設立されました。①省エネで健康を維持増進できる住宅 ②自然治癒力を高めて過度な医療に頼らない健康法 ③地球温暖化対策思想、地球環境保全思想の普及推進活動を展開します。

持続可能社会の実現を支える
モノづくり

高性能窓の製造から見える新しい社会のスタンダード

  • 高性能窓の製造

    今日では、国内新築戸建住宅の約80%に採用され、窓ガラスのスタンダードとなったエコガラスの普及を、製造供給する立場から支えてきました。脱炭素社会へのシフトを加速するために環境先進国で標準仕様となっている樹脂製サッシの製造も行っており、より一層高まる窓の断熱基準のご要望に応え続けています。