ACTION

2018/11/22

働きやすい環境づくり

マテックスは間もなく創業90年を迎えますが、その歴史の中で「働く環境」も大きく変化してきました。
喫煙コーナーが皆で集まるリラックスの場になっていたのはもう過去の話。時代の変化に合わせて建物や環境のメンテナンスが適時必要になってきています。今ある施設をどのようにリニューアルすればより働きやすい環境になるか。私たちはそう考えながら、8年前から順次、オフィスの大規模なリニューアルを行ってきています。

オフィスをリニューアルする際のポイントは、機能性と意匠性の2つに分類されると思いますが、私たちがここ最近行っているリニューアル工事はその両面を包含しつつも、更に考え方と目線を少し変えながら取り組んでいます。具体的には「女性目線」というカテゴリーで取り組んでいるのです。

一般的に「会社」は永い間、男性目線の環境づくりが重視されてきたように思います。その前提において、私たちはこれまでのオフィスのあり方を一新し、女性にとっても働きやすい環境という見方に目線を変えてきています。都会的で落ち着く雰囲気、機能的な導線、フリーアドレス(自由な席の選択によるコミュニケーションの拡大を図ったオフィススタイル)などを採用し、男女ともに集中しやすいオフィスを目指しています。時代に合わせたトレンドを随所に取り入れた内装は、仕事において良い意味での楽しみやゆとりをもたらし、また、選び抜かれたクロスや床材、照明などからは、視覚から得られるリラックス効果が期待できます。

我々は今後も事業所ごとの条件を最大限に活かし、明るく働きやすい職場環境を追求し、皆が働きやすいと感じる環境づくりに努めていきたいと考えています。

一覧に戻る