ACTION

2017/06/20

マテックスらしさを共有する表彰式

□業績優秀を称える表彰式と新年度の方策発表

当社では全社員250名が都内のホテルに集う機会が年2回あります。5月に行われる松栄会と、12月に行われる忘年会です。5月の松栄会は、社員の互助会として長年開催されている歴史ある会であり、二部構成となっています。第一部では、営業本部長による新年度の営業方針発表と、各事業部門の代表による方策発表、そして、前期の業績優秀者を称える表彰式が盛大に行われます。第二部では、社員同士の親睦を深める懇親会が行われ、普段は別々の事業所に勤務している、社員同士の交流の場としてにぎやかに開催されます。

□表彰式に込められた想い

当社は、社員一人ひとりが目標を設定し、目標実現のために創意工夫をしながら、挑戦できる場づくり、チームづくりを大切にしています。目標を大きく達成した社員が、その努力を仲間の前で称賛されることは、受賞の有無に関わらず、社員のやる気を引き出す力を秘めています。また、互いに認め合う環境をつくることで、長く繁栄する会社を築いていけることと考えています。その表彰式における主な項目は、業績最優秀・優秀賞(個人・事業部門)、5S活動賞(整理・整頓・清掃・清潔・躾への取り組み)、安全賞(無事故・無災害)等であり、様々な取り組みに対して表彰がなされます。
そして今年は、新しく導入された社内SNS「マテックス・バリュー・アクション」に関連する表彰も行われました。「マテックス・バリュー・アクション」とは仲間の「コア・バリュー(当社の価値観を定めた10の行動指針)の実践」を見つけ、その行動に該当するバッジとメッセージをSNS上で贈ることにより共有し、戦略的に企業文化を築く社内の仕組みの一つです。今回の表彰式では、仲間にたくさんのバッジを贈った社員に対して、賞状とともに特製バッジが贈られ、また、受賞したメンバーが仲間に贈ったメッセージの内容が、大型スクリーンに映しだされるというサプライズもありました。

□部門-業績最優秀賞受賞 新座営業所所長 庄司さん

日々の活動の積み重ねが結果に結びついた瞬間でした。所員が「自主性」「主体性」を持って仕事に取り組むことを意識することで、以前に比べ成長を感じるとともに、所員の姿を見て、私自身も勉強になっています。同じ会社、同じ事業所で働くことは、偶然ではなく、何かの「縁」だと感じています。新座営業所21名全員の努力があったからこその結果です。所員全員に本当に感謝しています。

□個人-業績最優秀賞受賞 特販部部長 長沢さん

自分の名前を呼ばれた時は、とても誇らしく、営業のプロセスを大切にしたからこそ、良い結果に繋がったのだと実感できた瞬間でした。同時に、窓の世界はまだまだ可能性のある分野なので、さらに開拓しがいがあると、背中を押された気分でした。営業としてやれることは、まだまだたくさんあります。今期は、今までにない新規開拓にチャレンジしていきたいです。松栄会では、それぞれの目標や情報を共有し、考えに触れることができる、自分にとって大事なイベントです。普段は顔を見ないたくさんの仲間と会えることを、いつも楽しみにしています。

一覧に戻る